自然豊かな地でウェディングをしよう|思い出に残る式

結婚式の情報

婦人

結婚式の二次会については、呼ぶ人数も多いですし実際の司会進行から景品の手配、出欠の確認などそのタスクも膨大であることから、幹事代行会社にお願いする人が増えてきています。新郎新婦と打ち合わせしながらやりますので安心です。

避暑地での結婚式

ウェディング

都会の喧騒から離れて

「ウェディングは一生の思い出に残るものにしたい」と夢見る女性は多いです。最高の式にする為に、まず最初に決めなくてはいけないのがどこで式を挙げるかということです。小さい頃に、森の中の教会で結婚式を挙げたいと夢見たことは女の子なら誰にでもあるのではないかと思います。けれど、実際に式を上げるとなるとわざわざ遠くまで行くのも大変だし、招待客の人にも申し訳ないし、ということで地元の式場でウェディング、という選択をしてしまう方も多いのではないでしょうか。けれど、最高の思い出を作る為に小さい頃の夢を実現させる、というのもやはり選択の一つです。そして、そんな方が連想する森の中の教会といえば、やはり軽井沢の教会です。軽井沢は明治時代から外国人が集まるようになった歴史有る避暑地です。最初にやって来たのは宣教師でした。ですから教会も歴史有る木造のものから、比較的新しいモダンな教会までいろいろあります。カトリックの教会では信者でないと結婚式が挙げられないところもありますが、こちらの教会は信者でなくても大丈夫です。また、教会だけでなく軽井沢にはホテルもそろっています。避暑地にやってくる客に昔から愛されている歴史有るホテルから、若い人にターゲットを絞った比較的新しいホテルまでいろいろです。大手ホテルでは結婚式場が併設されているところもあります。そのまま披露宴、二次会、宿泊と利用できますので便利です。教会で式を挙げてホテルで披露宴、という方も多いです。式と披露宴、場所が違うと自分でプランを立てるのは大変と思われるかもしれませんが、軽井沢のリゾート会社で教会からホテル、宿泊までをセットにしたウェディングプランを作成してくれるところもあります。都会のざわめきから遠く離れて、歴史有る避暑地、軽井沢で理想のウェディングを挙げましょう。一生の思い出になるはずです。

新郎にも魅力的な衣装を

男の人

結婚式では花嫁衣装であるウェディングドレスと同様に、新郎の衣装選びも重要なポイントです。最近はカジュアルな装いでゲストが参加できるケースもありますが、新郎はタキシードが人気となっています。ひとくちにタキシードと呼んでも実に様々な種類があるので、結婚式のコンセプトやドレスに合わせて選ぶことが大切です。

結婚式の二次会

パーティー

二次会代行のメリットは、幹事を依頼しなくて良いことです。また、二次会の運営に慣れているため、盛り上がることができます。また、さまざまな二次会代行業務が差別化をはかるためにサービスを強化しているので、より良い二次会を開催することができます。